top of page

さくらの里山科の園芸療法


横須賀市太田和(武山地区)にある特別養護老人ホームさくらの里山科です。


3-2ユニットが今年チャレンジしているのが、室内でのガーデニングです。


※ユニットとは、ご入居者様の個室10室とリビング、キッチン、トイレ(3か所)、お風呂で構成されている区画です。



野菜は夏に収穫ができました。


小さな野菜が少しだけですが、


自分で育てた野菜を収穫できる喜びは格別!


ご入居者様皆様、


最高の笑顔でした。



ご入居者様皆様が関われるよう


屋内のリビングでガーデニングを行いました。


リビングの窓辺に、小さなプランターを並べた


ささやかなガーデニングです。


4月に種を撒きました。


ささやかなガーデニングでも、


緑に触れ合い、緑を育てることは、


ご高齢者様に力を与えてくれます。




特に、作物を収穫し、食べる喜びは格別です。


皆さんイキイキされています。


植物をお世話することで、心身が活性化することを園芸療法と言います。


認知症の治療法の一つでもあります。


通常は花壇や畑など、屋外で行うものですが、


室内でも園芸療法はできるんです。


3-2ユニットのご入居者様は、皆さん植物から大きな力をもらいました。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page